« 後期医療廃止へ16回目宣伝 | トップページ | なお良(704)くならない、最低賃金 »

食事介助の”ローカルルール”見直し!

介護保険には、おかしな”地方独自ルール”があります。

Photo「サービス提供時間」が収入に直結している場合が多い、訪問介護ヘルパーさん。

どんなに専門的技術や経験に裏打ちされた努力をはらっても、

相手も人間なのだから

ときには本来の目的であった「サービス」が達成されないこともあります。

そんなときに、「保険に支払請求できないから、あなたにも賃金を払わない」

そう言われたらどうしますか?

「認知症の高齢者への食事介助で、どんなに働きかけても(所定時間内に)食べていただくことができなかった場合、その事業者は介護報酬を請求できない」

確かめてみると、今年の3月にはこんな広島市の「ルール」がありました。

現場からの声を集め、「介護保障を求めるひろしまの会」は、7月末に市当局との話し合いを持ちました。

その場で説明されたのが…

「原則食事介助、入浴介助は、ケアプラン、プロセスを踏んでやったにもかかわらず目的達成ができなかったとしても、報酬請求していい」。

詳しくは同会のニュース⇒「17100805.pdf」をダウンロード

職場の壁を越えたつながりに支えられ、

「要求実現」の取り組みが、またひとつ実りましたwink

|
|

« 後期医療廃止へ16回目宣伝 | トップページ | なお良(704)くならない、最低賃金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/502311/36223624

この記事へのトラックバック一覧です: 食事介助の”ローカルルール”見直し!:

« 後期医療廃止へ16回目宣伝 | トップページ | なお良(704)くならない、最低賃金 »