« 核兵器の廃絶へ国連から | トップページ | 広島の最低賃金、時給710円で答申 »

10日安佐地区社保協総会

毎月の会議を軸に、「地域活動」を大切にした運営を続けてこられた
安佐地区社保協の総会が、今月10日に開かれ、会場となった広島共立病院の職員さんらをはじめ26名の出席で、次期に活動を引き継がれました。
110810

同時に開いた学習会では、
「社会保障と税の一体改革」について。
庶民には増税を押しつけると同時に、国と企業が当然負担すべき社会保障を抑制・削減するものです。
特に「大企業の果たすべき役割が、きれいさっぱり免責されていること」を指摘。
個別の反対闘争だけでなく、”社会保障の拡充へ、国と企業は応分の負担を!”という世論にもっていく、広範な市民の眼に見える活動に取り組みましょう」と呼びかけました。

中央社保協は、1000万署名と学習リーフをいま準備中です(間に合わなくて残念)

|
|

« 核兵器の廃絶へ国連から | トップページ | 広島の最低賃金、時給710円で答申 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/502311/41166344

この記事へのトラックバック一覧です: 10日安佐地区社保協総会:

« 核兵器の廃絶へ国連から | トップページ | 広島の最低賃金、時給710円で答申 »