« 10日安佐地区社保協総会 | トップページ | 「社会保障と税の一体改革」のホンネを学ぶ »

広島の最低賃金、時給710円で答申

8月5日に答申がでていたそうな。

このままいけば10月1日から適用される「最低賃金」。これより安い賃金で働かせてはならない。もし安ければ、最寄りの労働局や労働基準監督署に相談を。足りない差額を支払わせることが期待できる。それにしても…

  • 2009年は→「ろくに」食えない「692円」
  • 2010年は→「なおよ」くならない「704円」
  • 2011年は→「なぉとお」い「710円」…。

時給710円×8時間×22日では「124,960円/月」となる。ここから税金や社会保険料がでていくweep

一方、「広島県広島市在住20~40歳代・単身生活者」の最低生計費(生活保護の目安)は、「79,940円+住居費上限42,000=121,940円/月上限」となる。

もとより、この二つで”くらべっこ”しているだけでは、
到底「健康で文化的な最低限度の生活」にはならないのだけれども…(-。-)y-゜゜゜

|
|

« 10日安佐地区社保協総会 | トップページ | 「社会保障と税の一体改革」のホンネを学ぶ »

コメント

このままでは「1192(いいくに)つくろう。ディーセントワーク」はおろか「794(泣くよ)プアマン平安京」も遠い。

投稿: ふとめしんど | 2011年9月13日 (火) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/502311/41267906

この記事へのトラックバック一覧です: 広島の最低賃金、時給710円で答申:

« 10日安佐地区社保協総会 | トップページ | 「社会保障と税の一体改革」のホンネを学ぶ »