« 介護報酬どうなる?学習会 | トップページ | 高齢者運動連絡会、今年も「七夕ウォーク」 »

あきらめるのはまだ早い「大増税・社会保障解体」衆院通過

「消費税増税」の陰に隠されて、社会保障制度の解体プログラムを仕込んだ「社会保障改革推進法」も、民主・自民・公明により、6月26日に衆議院を通過させられました。

憲法は社会保障の拡充を国の(国民に対する)責務としていますが、このコッソリ三党合意による法案では、「自立自助」「応益負担」の問題にすり替えられています。こんな違憲法律に賛成した議員には、国会議員の資格はありません。現在、広島選出の国会議員がどのような態度をとったのか調査中です。まとまりしだい公開します。

たたかいはまだ半ば。消費税大増税阻止とあわせて、いっそう大きな世論を広げ、こんな国民いじめをやめさせていきましょう!

120627
中央社保協の談話は⇒「120626.pdf」をダウンロード

|
|

« 介護報酬どうなる?学習会 | トップページ | 高齢者運動連絡会、今年も「七夕ウォーク」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/502311/45947024

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめるのはまだ早い「大増税・社会保障解体」衆院通過:

« 介護報酬どうなる?学習会 | トップページ | 高齢者運動連絡会、今年も「七夕ウォーク」 »