カテゴリー「後期高齢者医療制度」の80件の記事

25回目!「消費税増税やめ、社会保障の拡充を」街頭宣伝行動

2130415
ありがとうございました。
4/15、25回目の県社保協年金天引きの日宣伝行動でした。

昼の本通商店街を急ぐ市民に向け、「消費税増税をやめ、社会保障の拡充をsign03」と呼びかけを広げていただきました。

5130415 この日は県労連8名自治労連8名はじめ10団体から23名のみなさんにお集まりいただき、30分間と短時間ではありましたが、27筆の署名集約と、400枚以上のチラシ配布を行うことができました。

県労連川后議長はじめ、民医連や生活と健康守る会の方々からのうったえも、よく響きました。

県保険医協会から提供いただいた「推進法リーフ」も受け取りがよかったですね。

4130415 広島民商のAさんは、一見ハードな印象coldsweats01のレザースーツの青年の傍らに、座り込んでじっくり対話。署名に協力して下さったお礼を述べたところ、「こちらこそありがとう!がんばってください!!」と明るい激励を受けておられました。

ひきつづき、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

社会保障解体推進法案ゆるさない世論を

「民主主義国家」というけれど、むき出しの弱肉強食を抑制するための最低限の仕組みである「社会保障制度」(社会的に蓄積される富の再配分により、最低限度の健康で文化的な生活をあまねく保障する仕組み)を伴わなければ「看板だおれ」です。「看板」があるだけいっそう悪質ともいえます。
120712
その未来図は、多くの人々にとっては生きるのもツライ暗黒社会とならざるを得ないでしょう。
120712_2
こんな暗い未来を招くのが、消費税増税と抱き合わせで成立させようと、民主・自民・公明の三党がコッソリ決めた、社会保障解体へのプログラム法案=「社会保障改革推進法案」です。殆ど知らされてないこの法案の問題点を、チラシにしました。
参議院にたたかいは移っています。

ご活用ください。一部イメージはコチラ⇒ 「syaho_4c_omote_1.pdf」をダウンロード    
そして注文票はコチラ⇒「120710.pdf」をダウンロード
詳しい学習資料は、中央社保協・相野谷事務局長の作成されたレジュメで。⇒「rejume120710.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あきらめるのはまだ早い「大増税・社会保障解体」衆院通過

「消費税増税」の陰に隠されて、社会保障制度の解体プログラムを仕込んだ「社会保障改革推進法」も、民主・自民・公明により、6月26日に衆議院を通過させられました。

憲法は社会保障の拡充を国の(国民に対する)責務としていますが、このコッソリ三党合意による法案では、「自立自助」「応益負担」の問題にすり替えられています。こんな違憲法律に賛成した議員には、国会議員の資格はありません。現在、広島選出の国会議員がどのような態度をとったのか調査中です。まとまりしだい公開します。

たたかいはまだ半ば。消費税大増税阻止とあわせて、いっそう大きな世論を広げ、こんな国民いじめをやめさせていきましょう!

120627
中央社保協の談話は⇒「120626.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大増税と社会保障削減許さない!

広島県社保協は、組織内外の団体個人によびかけ、後期高齢者医療制度の保険料が年金から天引きされる日にあわせて、「社会保障の拡充を!」と宣伝行動shineを続けています。
1a120215
今月15日には21回目
sign03を迎え、広島市本通交差点で実施。11団体27名の参加で盛り上がりました。
3a120215
県労連からは横断幕とのぼり、民医連からは横断幕やリーフ、賛同支援を続けてくださっている県保険医協会からは、たくさんのポケットティッシュとチラシなど、めいめい資材も持ち寄っての取り組み。
この日のために手作りした「ゼッケン」を身に着け参加された方もhappy02sign01

お昼休みの短時間ながら、300枚以上のチラシを市民に配布し、70筆の署名を託されました
heart04
2120215
「社会保障を切り縮め、庶民に大増税をおしつけるとは、許しがたい公約違反。力をあわせ、厳しい審判をくだしましょう!」年金者組合からマイクを握ったNさんらの力のこもったうったえに、電車を待つ方々からもおおきな注目をあつめた取り組みとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

社会保障の拡充へ企業は応分の負担を!

「社会保障と税の一体改革」では、特に大企業の「免責」が問題です。
国民には「増税か、社会保障抑制か」と厳しく迫りますが、
大企業には(この20年間結果を出せないままの)「国際競争力強化=減税」と大甘。
同じ日本に居るのに、いちばん負担能力のある大企業には何も求めない。
そんな
政治に甘える日本の大企業の品格も、問わなければならないでしょう。
110901
2か月に一度「年金天引きの日」の宣伝行動は、
そんな社会保障全体の拡充を求める行動として、取り組みをつよめます。
次回は…チラシ⇒「111014.pdf」をダウンロード

  • 10月14日(金) 12時15分~45分
  • 広島市・「本通」交差点周辺

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

国と人々との約束=憲法を、いま一度

110911
広島で開催。
「憲法」を今に照らして、
生き生きと学ぶとすれば、
この方の講演は大いに魅力と思います。是非!

講演会チラシはコチラ→「110911ito.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「社会保障と税の一体改革」のホンネを学ぶ

110904
いま、こんな国家的詐欺行為をやめさせるには、
「憲法どおりに社会保障の拡充」を求める世論を高めることが
必要で、それも急いでいる。

9月初め中央社保協で開始する「1000万署名」を活かしてほしいのです。

講演会のチラシはこちら。「110904kara.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

被災された方々に届けたいのです

厚生労働省が、被災された方々に届けるための「生活支援ニュース」を発行しています。全労連からおしらせいただきました。

1110405_2 これまで通知やパンフ、WEB掲示などによっていたものを、折りたためる「チラシ」memoに簡略化したものといえそうです。きょうまで発行された2号を分割して.pdfでflair

1号(4/5付) ⇒「1_part1.pdf」をダウンロード 「1_part2.pdf」をダウンロード

2号(4/12付) ⇒「2r98520000018rrs1_part1.pdf」をダウンロード 「2r98520000018rrs1_part2.pdf」をダウンロード

「いまから支援に向かわれる方に現地へお持ちいただくこと」も含め、必要な方々にご案内いただけますよう、ご協力をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いなげな制度スグやめんさい!17回目

2101215 去る15日「年金天引きの日」、広島市中区で後期高齢者医療制度の即時廃止と国保改善を求める街頭宣伝行動にとりくみました。

ずっとこの日は続けてきたshineもので、今回は憲法と平和を守る広島共同センターとの共催。11団体30人の方が参加くださり、民医連の『切り捨ててよい命などない』カラーチラシの配布など、元気に取り組みました。

マイクを握る年金者組合県本部のNさんらが、「政府が2013年度にスタートさせるという新しい制度は、後期高齢者医療制度の悪い部分をいっそう拡大し、国保にまで害悪を及ぼすことになります。赤ちゃんからお年寄りまでみんなが、いっそう命の不安に脅かされることになります。いなげな後期高齢者医療制度は、今すぐ廃止しかありませんsign03」と訴えました。

6a101215 寒いなかでしたが、署名に応じてくださる若者や高齢者も少なくありません。まだまだ問題点が知られていないのが実情ですが、学びを深め、世論を広げるため頑張りましょうgood

⇒学習宣伝原稿例「101215.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いのちの差別ゆるさないと、公聴会へ!

3101002_2 「新高齢者医療制度」の検討が来春に向けてすすめられています。

後期高齢者医療制度に「代わる」ものだといいますが、その内容をよく考えてみると、もともと政府がめざしていた国民負担増・国庫負担減の医療「構造改革」の具体化にすぎませんね。こういうの、「偽装」といいます。

「偽装」でもっとタチが悪くなり、まずは国保加入者3,600万人に被害が拡大されようとしているのですね。bomb

4a101002 さて、10月2日に広島で開催された「公聴会」。会場は、殆ど人通りのない中国新聞社のホールでした。

場所柄、参加者への訴えを中心に宣伝行動を計画し、県労連のゼッケンや署名板、医労連のプラスタ、社保協の横断幕、民医連のチラシなど、それぞれに有効な役割を発揮できました。なかには公聴会参加者にキチンと署名協力をうったえ、集められたご婦人もいらっしゃいました。

この行動には、看護師をはじめとする県医労連の仲間、年金者組合や高齢者運動連絡会から多数、そして新婦人、県労連などから約50人が参加。また、今回も県保険医協会からは4名の連帯参加をいただきました(独自のチラシやティッシュをもって!)。

6a101002 なんと県外から宣伝行動のために、岡山県社保協の代表、医労連の青年shineがかけつけてくださいましたsign03。持参された「有言実行」横断幕も、眼を惹くできばえでした。公聴会には県外からの参加も多かったようです。

短時間でしたが、次々にタクシーで乗り付けたりする400名ほどの参加者に向けて、元気にアピール。チラシのうけとりもよく、なかには「差別、差別と煽るのはやめるべき。医療の財源問題をどうするのか」と話しかけてくる公聴会参加者の方もいらっしゃって、制度の是非をめぐるちょっと熱い議論を交わした場面もありました。公聴会場内でも話題になっていたそうです。参加者の関心を集め、その参加態度に影響を与える効果があったと思われます。

場内では、年金者組合県本部のNさんが、追加指名で発言。私たちの意見を代弁してくださいました。今回はこころなしか、主催側にとっては厳しめの発言が多かったようにも…?bleah

7101002 最後は、場外に残ったみなさんで記念写真パチリ!世論を広げる取り組みが、いそがれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧